About MIMA ALLIANCE

2015年 脇町うだつの町並み内の古民家をセルフリノベーションして一般社団法人ハンモサーフィン協会設立。ハンモサーフィンの事務局拠点として会員が多地域事業や多地域滞在する共遊別荘・共遊スペースとして機能する。

2016年頃から美馬市との連携事業に着手し空き家の改修利活用で滞在型複合ワーク施設UNSを手掛け現在も絶賛運営中。同時期に徳島県との連携事業など様々なコンテンツで美馬市の地域活動を加速させる。

2017年には四国を中心に10数軒の共遊別荘・共遊スペースを利活用。

2018年には、登録・検索・予約・決済・メッセージ、その他一括で行えるシステムを構築WEBプラットフォームの開発に取り掛かり、2019年2月にローンチ。全国約40箇所の共遊別荘・共遊スペースが利用できる環境を構築。また、会員同士の日常や活動、拠点情報など可視化するソーシャルネットワークアプリを只今構築中。

 

2020年3月にハンモサーフィンEUを設立してヨーロッパ展開を狙う。

2019年 一般社団法人ハンモサーフィン協会が、美馬市から" サテライトオフィス×地元企業×地域連携強化促進業務 "を受託し美馬市に特化したビジネスコミュティサイト「ミマアライアンス」を制作、公開。

​「創出の町、発信の町」

かつて藍で栄え商人が集った町、時代を経て・・・

かつて藍で栄え商人が集った町、、、徳島県美馬市の人口28,584人(2019年10月現在)、年々人口が減少、そして空き家の増加、若者の流出、経済の縮小など様々な社会課題を抱えている一方で、私達は現状を受け入れ過去を戻すのではなく、過去にできなかったテクノロジーを駆使し美馬市から様々な産業の創出と発信する環境を目指していきます。

決してそれは、都会のイメージを意味するものではなく自然や歴史、風情を残し時代と共に未来へ適応しながら様々な社会課題の解決へ向けて取り組んでいきますが私達地元の同志たちのみでは困難です。

​そこで、既にサテライトオフィス企業との連携もさることながら、新たな人的ネットワーク構築のキッカケとして「ミマアライアンス」を発足しました。

​「アライアンスカンパニー」

 "地域ビジネスコミュニティーとの協業"

従来ではサテライトオフィスの定義として都市部企業が地方でオフィスを構え、

コスト削減(事務所&人件費など)災害時のリスクの分散(事業機能のリスクを二分化)従業員のモチベーション管理などで貢献してきました。

​そして、私達は企業がサテライトオフィスを置く手前の "地域ビジネスコミュニティーとの協業"という位置付けで、

 

→ ビジネス創出
・地方で課題解決に向けた自社サービスの提供
・地元企業との連携&コミュニティ・地元での法人登記
→ 販路拡大

・販路開拓

 

地元に関わる関係企業、つまり、​「アライアンスカンパニー」として地元企業や事業者と協業する企業をウダツバレーで歓迎することになり、今まで沢山の都市部企業との連携でプロジェクトが生まれています。

美馬市へ「アライアンスカンパニー」にコミットして頂き私達は今後更に"創出の町・発信の町"をミッションに掲げ邁進していきたいと思っていますので、ご興味ある企業の方々は下記からアクセスして下さい。

美馬市ウダツバレーで起きている様々なビジネスやプロジェクトの創出、スタートアップのネットワークによる情報を世界へ発信。

▶︎ インターンシップについて

▶︎ 視察・講演依頼について

ハンモサーフィンは、使われていない点在する空き家などを、リモートワーカーやフリーランス、ノマド、クリエイター、アーティストなどによる会員(ハンモサーファー)同士で再生、また、既存の拠点を共遊別荘や共遊スペースとして多地域滞在や多地域事業などで利活用し、人の往来を作りながらイベントや勉強会、ワークショップなどの地域に根付いたクリエイティブな活動を行い、他の地域ともネットワーク化して面に繋げていくコミュニテイ型プラットフォーム。

© 2019 by MIMA ALLIANCE